TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心におすすめDVDを紹介していきます。まだ見ぬ作品を見るきっかけになればうれしいです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本映画(ぼくは明日、昨日のきみとデートする)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です。

(作品情報)

  • 監督  三木孝浩
  • 脚本  吉田智子
  • 出演  福士蒼汰、小松菜奈
  • 公開日 2016年12月17日

 

(あらすじ)

京都の美大に通う学生の南山高寿(=福士蒼汰)は、通学電車の中で出会った福寿愛美(=小松菜奈)に一目惚れする。勇気を振り絞って声をかけ、別れ際に「また会える?」と聞くが、それを聞いた彼女は突然涙を流し抱き付いて来たのだった。やがて二人は付き合いだしこれからすべてがうまくいくはずだったのだが・・。

「わたし、あなたに隠していることがある・・」

初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる。そして、二人の運命は“すれ違い”始める。

 

 

(感想)

こんな物語の結末があってもいい!こんな物語の結末は切な過ぎる!そんな気持ちを同時に感じさせてくれる作品です。時が経っても二人が互いを思う気持ちは変わらず、ただ相手に寄り添いたいという感情にあふれていて、そんな二人が羨ましくもあり可哀想でもありました。最初はこれ見よがしに秘密を明かす愛美を見ながら無茶な設定だなと思いましたが、見終わって、一瞬でもそう思ってしまった自分が凄く野暮だったと後悔しました。

 

見所 愛美の回想シーン

そのままでも十分感動的な作品ですが、ラスト十数分の愛美を中心とした回想シーンはそれまでの感情が溢れんばかりに流れ込んできて言葉がでなくなります。二人がたどる未来は満たされたものであって欲しいと思わずにはいられない気持ちになります。

 

 

 

 

是非一度ご覧ください。

日本映画(神様はバリにいる)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『神様はバリにいる』です。

(作品情報)

  • 監督  李闘士男
  • 脚本  森ハヤシ
  • 出演  堤真一、尾野真千子
  • 公開日 2015年01月17日

 

(あらすじ)

クロイワ・ショウが執筆したエッセイ『出稼げば大富豪』に登場するバリ島に住む大富豪の「兄貴」こと丸尾孝俊がモデルの映画。婚活ビジネスで多額の借金を抱えた照川祥子(=尾野真千子)は、日本から逃げるようにバリへ行き、そこで「兄貴」(=堤真一)と出会う。変な風貌の「兄貴」がバリ島に住む大富豪と知った照川は、「兄貴」に成功の秘訣を伝授してもらおうとする・・。

 

 

(感想)

原案がハウツー本ということで、成功哲学的なものを中心にした映画かと思いきや、ストーリーがしっかりした笑いあり涙ありのほのぼのとした映画でした。「兄貴」のように成功者でありながら、こんな考え方で生きていける人は正直うらやましいと思える作品です。エッセイのほうも一度読んで見たいと思います。

 

見所① 堤真一の陽気なおじさん演技

私の中では「容疑者Xの献身」に登場する天才数学者の石神哲哉のイメージが強い堤真一ですが、この作品ではその性格とは真逆ともいえる「兄貴」を演じてます。作品自体も面白いですが、石神哲哉と「兄貴」を同一人物(=堤真一)が演じているというところに注目です。表情やしぐさの違いなどを気にしながら見ると、役者は凄いなぁと感じさせてくれます。

 

見所② 顧客の満足を引き出すのが成功の秘訣と言う考え方

作中で、婚活ビジネスに失敗した原因を外に求めた尾野真千子に対し、コミュニケーションが苦手な人に向けた婚活ビジネスなのに、一人一人と向き合わずパーティーの場を提供するだけって本当に顧客の満足につながるのか?(=コミュニケーションが苦手な人にとっては場だけ提供されても困る)と諭すシーンがありました。自己啓発/ハウツー本はあまり読まない私ですが、この考え方はなるほどと思いました。

 

 

是非一度ご覧ください。

海外映画(仮面の男)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは海外映画の『仮面の男』です。

(作品情報)

  • 監督  ランダル・ウォレス
  • 脚本  ランダル・ウォレス
  • 出演  レオナルド・ディカプリオ
  • 公開日 1998年08月08日

 

(あらすじ)

ルイ14世の時代。かつてのフランス英雄の三銃士アラミス、アトス、ポルトスはすでに現役を退き、彼らと友情を交わしたダルタニアンは銃士隊長として王に仕えていた。ルイ14世は類稀な暴君で圧政を敷き、国民は貧困に喘いでいた。そんな中、三銃士のアラミスはルイ14世により地下牢で鉄仮面をかぶり幽閉されている双子の弟フィリップの存在を他の三銃士に語り、彼らとともに王の入れ替えを計画するのであった・・。

 

 

(感想)

アレクサンドル・デュマの『ダルタニャン物語』をベースに鉄仮面伝説を織り交ぜて作られた作品で、冒険小説を読んでるような感覚で楽しめる作品です。私が子供のころはアニメ三銃士(1987年~1989年)という番組があり『ダルタニャン物語』の『三銃士』編については知ってる方もいるのではないでしょうか。映画の舞台は三銃士が活躍した時代から数十年後で、彼らは中年~老人くらいの年代となっています。若き三銃士は遠い昔の話、それでも国のため民のため再び立ち上がる三銃士の活躍を描いた痛快な作品です。

 

見所① 1人2役のレオナルド・ディカプリオ

この作品では、若い頃のレオナルド・ディカプリオが出演し、暴君ルイ14世と性格のまったく異なる聡明な双子の弟フィリップの2役を演じています。レオナルド・ディカプリオといえば『ロミオ&ジュリエット』、『タイタニック』が有名な作品ですが、この作品でも彼の演技の素晴らしさが出ています。性格の違いだけでなく、身分、立ち振る舞いの違いなど、本当に2人の人物がいるように感じられます。必見です。

 

見所② 仮面の男は別にいた!

鉄仮面をつけた人物はルイ14世の双子の弟フィリップですが、実はこの作品では、仮面をつけた人物がもう一人出てきます。それが誰なのか、是非この作品の中で探してみてください。

 

 

是非一度ご覧ください。

(スポンサーリンク)

海外映画(デビル)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは海外映画の『デビル』です。

(作品情報)

  • 監督  アラン・J・パクラ
  • 脚本  ケヴィン・ジャール
  • 出演  ハリソン・フォード
  • 出演  ブラッド・ピット
  • 公開日 1997年04月05日

 

(あらすじ)

フランシス・マグワイヤー(=ブラッド・ピット)は、8歳のとき目の前でIRAシンパである父親をイギリス人に殺され、それがきっかけで自身がIRAの活動家となる。大人になったフランシスはある時、政府軍に対抗するため、携帯式防空ミサイルシステム(スティンガー)を手に入れようとIRAシンパであるフィッツシモンズ判事の手引きのもとニューヨークで警官トム・オミーラ(=ハリソン・フォード)の家に下宿することになる。トム一家の温かさにふれ束の間の安らぎを得るフランシスだが、彼の想いとは裏腹にIRAとしての自分にかかる火の粉にトム一家を巻き込んでしまうことになるのであった。

 

 

(感想)

最近の逆転につぐ逆転映画や、衝撃のラスト映画に比べると、緩やかにストーリーが進み終わる作品だなと思ったのが一番の印象です。その良し悪しは意見が分かれると思いますが、その分役者の演技の良さが際立つ作品となり、私はこの作品見れて良かったと感じました。

 

見所① ブラッド・ピットの演技

IRA活動家(≒テロリスト)の実行部隊長として指名手配されているフランシスですが、とてもいい人。IRA活動はアイルランド内のことなので、ニューヨークに住む人たちに迷惑かけたくない想いを目や表情、仕草で見事に表現してます。警察と言う対立する立場のトムやその同僚に対して「銃を向けさせないでくれ」、「俺に撃たせないでくれ」といった意思を伝える演技が秀逸です。

 

見所② 非情になれないフランシスの待つ未来

テロリストで括られてしまうフランシスですが、彼の清廉さ、潔さがにじみ出るようなラストが待っています。そこは是非作品を見て感じてください。

 

 

是非一度ご覧ください。

映画のまねして裁判所に行ったら休みだった。

本日は朝から福岡 六本松のTSUTAYAで読書しその後、すぐ近くの裁判所に行ってみました。

www.tsutayadvd.xyz

結果はタイトルの通りお休みでした。守衛さんのお話では土日祝日はお休みとのこと。役所ですからね、当然かぁ。すぐそばの検察庁も閉まってたのでそこで気づけばよかった。勉強になりました。

(スポンサーリンク)