TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心に有名/おすすめDVDを紹介していきます。コーヒー1杯のお値段でまだ見ぬお気に入り作品に出会うきっかけ作りができれば幸いです。

海外映画(仮面の男)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは海外映画の『仮面の男』です。

(作品情報)

  • 監督  ランダル・ウォレス
  • 脚本  ランダル・ウォレス
  • 出演  レオナルド・ディカプリオ
  • 公開日 1998年08月08日

 

(あらすじ)

ルイ14世の時代。かつてのフランス英雄の三銃士アラミス、アトス、ポルトスはすでに現役を退き、彼らと友情を交わしたダルタニアンは銃士隊長として王に仕えていた。ルイ14世は類稀な暴君で圧政を敷き、国民は貧困に喘いでいた。そんな中、三銃士のアラミスはルイ14世により地下牢で鉄仮面をかぶり幽閉されている双子の弟フィリップの存在を他の三銃士に語り、彼らとともに王の入れ替えを計画するのであった・・。

 

 

(感想)

アレクサンドル・デュマの『ダルタニャン物語』をベースに鉄仮面伝説を織り交ぜて作られた作品で、冒険小説を読んでるような感覚で楽しめる作品です。私が子供のころはアニメ三銃士(1987年~1989年)という番組があり『ダルタニャン物語』の『三銃士』編については知ってる方もいるのではないでしょうか。映画の舞台は三銃士が活躍した時代から数十年後で、彼らは中年~老人くらいの年代となっています。若き三銃士は遠い昔の話、それでも国のため民のため再び立ち上がる三銃士の活躍を描いた痛快な作品です。

 

見所① 1人2役のレオナルド・ディカプリオ

この作品では、若い頃のレオナルド・ディカプリオが出演し、暴君ルイ14世と性格のまったく異なる聡明な双子の弟フィリップの2役を演じています。レオナルド・ディカプリオといえば『ロミオ&ジュリエット』、『タイタニック』が有名な作品ですが、この作品でも彼の演技の素晴らしさが出ています。性格の違いだけでなく、身分、立ち振る舞いの違いなど、本当に2人の人物がいるように感じられます。必見です。

 

見所② 仮面の男は別にいた!

鉄仮面をつけた人物はルイ14世の双子の弟フィリップですが、実はこの作品では、仮面をつけた人物がもう一人出てきます。それが誰なのか、是非この作品の中で探してみてください。

 

 

是非一度ご覧ください。

(スポンサーリンク)

海外映画(デビル)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは海外映画の『デビル』です。

(作品情報)

  • 監督  アラン・J・パクラ
  • 脚本  ケヴィン・ジャール
  • 出演  ハリソン・フォード
  • 出演  ブラッド・ピット
  • 公開日 1997年04月05日

 

(あらすじ)

フランシス・マグワイヤー(=ブラッド・ピット)は、8歳のとき目の前でIRAシンパである父親をイギリス人に殺され、それがきっかけで自身がIRAの活動家となる。大人になったフランシスはある時、政府軍に対抗するため、携帯式防空ミサイルシステム(スティンガー)を手に入れようとIRAシンパであるフィッツシモンズ判事の手引きのもとニューヨークで警官トム・オミーラ(=ハリソン・フォード)の家に下宿することになる。トム一家の温かさにふれ束の間の安らぎを得るフランシスだが、彼の想いとは裏腹にIRAとしての自分にかかる火の粉にトム一家を巻き込んでしまうことになるのであった。

 

 

(感想)

最近の逆転につぐ逆転映画や、衝撃のラスト映画に比べると、緩やかにストーリーが進み終わる作品だなと思ったのが一番の印象です。その良し悪しは意見が分かれると思いますが、その分役者の演技の良さが際立つ作品となり、私はこの作品見れて良かったと感じました。

 

見所① ブラッド・ピットの演技

IRA活動家(≒テロリスト)の実行部隊長として指名手配されているフランシスですが、とてもいい人。IRA活動はアイルランド内のことなので、ニューヨークに住む人たちに迷惑かけたくない想いを目や表情、仕草で見事に表現してます。警察と言う対立する立場のトムやその同僚に対して「銃を向けさせないでくれ」、「俺に撃たせないでくれ」といった意思を伝える演技が秀逸です。

 

見所② 非情になれないフランシスの待つ未来

テロリストで括られてしまうフランシスですが、彼の清廉さ、潔さがにじみ出るようなラストが待っています。そこは是非作品を見て感じてください。

 

 

是非一度ご覧ください。

映画のまねして裁判所に行ったら休みだった。

本日は朝から福岡 六本松のTSUTAYAで読書しその後、すぐ近くの裁判所に行ってみました。

www.tsutayadvd.xyz

結果はタイトルの通りお休みでした。守衛さんのお話では土日祝日はお休みとのこと。役所ですからね、当然かぁ。すぐそばの検察庁も閉まってたのでそこで気づけばよかった。勉強になりました。

(スポンサーリンク)