TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心に有名/おすすめDVDを紹介していきます。コーヒー1杯のお値段でまだ見ぬお気に入り作品に出会うきっかけ作りができれば幸いです。

日本映画(残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』です。

(作品情報)

  • 監督  中村義洋
  • 脚本  鈴木謙一
  • 出演  竹内結子、橋本愛
  • 公開日 2016年01月30日

 

(あらすじ)

「私」(=竹内結子)は読者の恐怖体験の手紙を元に短編を連載している小説家。心霊現象については否定的。そんな「私」のもとへ部屋からサッ、サッと箒で掃くような奇妙な音がすると訴える手紙が届く。妙な既視感をおぼえた「私」は送り主である子大生の 久保さん(=橋本愛)と連絡を取り一緒に調査を開始する。しかしそれは、恐怖の連鎖の始まりであった・・。 

 

(感想)

「十二国記」で有名な小野不由美さんが書いた小説が原作の映画です。小説は"この本をそばに置いておくだけで怖い"と定評があり、すでに原作を読んでいた妻から、蛇口(シンク?)に人が映るシーンが印象的で忘れられないほど怖い・・と感想を聞いて、怖がりだけどホラー映画好きな私は大きな期待を持って見てみました。

 

見所① これぞ和風ホラー

真綿で徐々に首を絞められるようにじわりじわりと恐怖が近づいてくる感じの作品でした。心霊現象に否定的な「私」による抑揚の無いナレーションと、淡々と話が進んでいくところが、ホラー映画独特の雰囲気を出してました。次の展開が予想しづらく、気を抜いた次の瞬間に幽霊が映りこむのでは!?と終止身構えさせられてしまう怖さがありました。

 

見所② 被害者の共通点

被害者の共通点は物語の最後で語られます。タイトルには”住んではいけない部屋”とありますが、これには調査に関わった「私」が含まれます。そしてこの作品を見る私たちも含まれます・・。見るか見ないかは自己責任です・・

 

 

是非一度ご覧ください。

日本映画(ぼくは明日、昨日のきみとデートする)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です。

(作品情報)

  • 監督  三木孝浩
  • 脚本  吉田智子
  • 出演  福士蒼汰、小松菜奈
  • 公開日 2016年12月17日

 

(あらすじ)

京都の美大に通う学生の南山高寿(=福士蒼汰)は、通学電車の中で出会った福寿愛美(=小松菜奈)に一目惚れする。勇気を振り絞って声をかけ、別れ際に「また会える?」と聞くが、それを聞いた彼女は突然涙を流し抱き付いて来たのだった。やがて二人は付き合いだしこれからすべてがうまくいくはずだったのだが・・。

「わたし、あなたに隠していることがある・・」

初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる。そして、二人の運命は“すれ違い”始める。

 

 

(感想)

こんな物語の結末があってもいい!こんな物語の結末は切な過ぎる!そんな気持ちを同時に感じさせてくれる作品です。時が経っても二人が互いを思う気持ちは変わらず、ただ相手に寄り添いたいという感情にあふれていて、そんな二人が羨ましくもあり可哀想でもありました。最初はこれ見よがしに秘密を明かす愛美を見ながら無茶な設定だなと思いましたが、見終わって、一瞬でもそう思ってしまった自分が凄く野暮だったと後悔しました。

 

見所 愛美の回想シーン

そのままでも十分感動的な作品ですが、ラスト十数分の愛美を中心とした回想シーンはそれまでの感情が溢れんばかりに流れ込んできて言葉がでなくなります。二人がたどる未来は満たされたものであって欲しいと思わずにはいられない気持ちになります。

 

 

 

 

是非一度ご覧ください。

日本映画(神様はバリにいる)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『神様はバリにいる』です。

(作品情報)

  • 監督  李闘士男
  • 脚本  森ハヤシ
  • 出演  堤真一、尾野真千子
  • 公開日 2015年01月17日

 

(あらすじ)

クロイワ・ショウが執筆したエッセイ『出稼げば大富豪』に登場するバリ島に住む大富豪の「兄貴」こと丸尾孝俊がモデルの映画。婚活ビジネスで多額の借金を抱えた照川祥子(=尾野真千子)は、日本から逃げるようにバリへ行き、そこで「兄貴」(=堤真一)と出会う。変な風貌の「兄貴」がバリ島に住む大富豪と知った照川は、「兄貴」に成功の秘訣を伝授してもらおうとする・・。

 

 

(感想)

原案がハウツー本ということで、成功哲学的なものを中心にした映画かと思いきや、ストーリーがしっかりした笑いあり涙ありのほのぼのとした映画でした。「兄貴」のように成功者でありながら、こんな考え方で生きていける人は正直うらやましいと思える作品です。エッセイのほうも一度読んで見たいと思います。

 

見所① 堤真一の陽気なおじさん演技

私の中では「容疑者Xの献身」に登場する天才数学者の石神哲哉のイメージが強い堤真一ですが、この作品ではその性格とは真逆ともいえる「兄貴」を演じてます。作品自体も面白いですが、石神哲哉と「兄貴」を同一人物(=堤真一)が演じているというところに注目です。表情やしぐさの違いなどを気にしながら見ると、役者は凄いなぁと感じさせてくれます。

 

見所② 顧客の満足を引き出すのが成功の秘訣と言う考え方

作中で、婚活ビジネスに失敗した原因を外に求めた尾野真千子に対し、コミュニケーションが苦手な人に向けた婚活ビジネスなのに、一人一人と向き合わずパーティーの場を提供するだけって本当に顧客の満足につながるのか?(=コミュニケーションが苦手な人にとっては場だけ提供されても困る)と諭すシーンがありました。自己啓発/ハウツー本はあまり読まない私ですが、この考え方はなるほどと思いました。

 

 

是非一度ご覧ください。