TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心におすすめDVDを紹介していきます。まだ見ぬ作品を見るきっかけになればうれしいです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本ドラマ(下町ロケット)作品情報/あらすじ/感想

(スポンサーリンク)

今回紹介するのは日本ドラマの『下町ロケット』です。

  • 原作  池井戸潤
  • 脚本  八津弘幸
  • 出演者 阿部寛、吉川晃司
  • 出演者 安田顕、立川談春
  • 公開日 2006年07月08日

(あらすじ)

宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平(=阿部寛)はロケット打ち上げにおいてエンジン開発の責任者であったが、ロケット打ち上げ失敗の責任を取って辞職し他界した父を継いで佃製作所(中小企業)の社長となる。7年後、佃製作所はエンジン開発する傍らロケットエンジン用バルブの開発を続け、純国産の大型ロケット開発を進める帝国重工をしのぐバルブ製作技術を持つまでに成長する。このドラマは佃製作所(佃航平)のものづくりに対する技術者としてのプライド、信念で持って大企業やライバル企業と渡り合う姿を描いた物語である。

 

(感想)

佃製作所の物作りへの信念、情熱が製品開発の困難や大手企業からの嫌がらせを押しのけて、最終的に誰もが認める製品を作り出すに至る。また、そんな佃の姿勢が周りの人をも変えていく痛快なドラマです。

あと、吉川晃司がものすごくいい役を演じてます。これはシーズン1、2通して言える重要な要素です。

私のような社会人にとってはドラマを見ている自分が佃製作所の一員/応援する一員となって物語を楽しめる、そんな作品です。

 

是非一度ご覧ください。

(スポンサーリンク)