TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心におすすめDVDを紹介していきます。まだ見ぬ作品を見るきっかけになればうれしいです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本映画(容疑者Xの献身)作品情報/あらすじ/感想

(スポンサーリンク)

今回紹介するのは日本映画の『容疑者Xの献身』です。

  • 監督  西谷弘
  • 脚本  福田靖
  • 出演者 福山雅治、堤真一
  • 公開日 2008年10月04日

(あらすじ)

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神哲哉(=堤真一)は、ある日、アパートの隣で1人娘と2人暮らしする花岡靖子が元夫の富樫慎二を殺害したことを知る。花岡親子に好意を持っていた石神は2人を救うため完全犯罪を企てる。しかしそこに立ち塞がるのは、ガリレオこと、かつての親友で天才物理学者の湯川学(=福山雅治)であった。

 

(感想)

この映画は「古畑任三郎」と同じ作風で先に犯人と殺害方法が分かる所から物語が始まり、犯人が作ったアリバイ工作(これは不明)を湯川たちが崩していく流れの作品です。犯人を追う側(=湯川)、追われる側(=石神・花岡)のそれぞれの視点で物語が進んでいきます。この作品に対する印象は推理映画というよりは人間模様を描いたドラマでしたが、一番の感想は『堤真一がすごい。堤真一が格好いい!!』です。助演の堤真一の存在感が大きいため、追う側/追われる側のどちらにも感情移入し易く、むしろ追われる側の石神・花岡を応援し切ない気持ちにさせてしまう、そんな作品です。

 

是非一度ご覧ください。

(スポンサーリンク)