TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心におすすめDVDを紹介していきます。まだ見ぬ作品を見るきっかけになればうれしいです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本映画(バトル・ロワイアル)作品情報/あらすじ/感想

(スポンサーリンク)

今回紹介するのは日本映画の『バトル・ロワイアル』です。

  • 監督  深作欣二
  • 脚本  深作健太
  • 出演者  藤原竜也、ビートたけし
  • 公開日 2000年12月16日

(あらすじ)

完全失業率15%突破、失業者1000万人、不登校生徒80万人。少年犯罪は増加の一途をたどり、自信をなくした大人達は子供を恐れ1つの法案を可決される。その名は新世紀教育改革法「通称BR(バトル・ロワイアル)法」。全国の中学校から無作為に選ばれた1クラスを無人島に隔離し、クラスメイトが最後の1人になるまで殺し合わせるという法律。BR法の対象クラスに選ばれた七原秋也(=藤原竜也)たち城岩学園中学3年B組の生徒は、修学旅行のために乗ったバスごと拉致され無人島に隔離される。死のゲームが今始まる・・。

 

(感想)

当時を知る人でこの映画を知らない人はいない!というほど社会現象になった問題作です。最近はグロテスクな漫画やドラマ・映画も増えて見慣れた感がありますが、今思えば漫画の寄生獣とこの映画が日本作品におけるその先駆けだったのではと思わせる設定(世界観)です。描写自体はそんなにグロテスクではありません。変な伏線も無くストーリーも分かりやすくまとまってます。役者や演技云々よりも世界観の奇抜さで見る人をとりこにする作品といえます。(リアル鬼ごっこを見たときも同じ感想を持ちました。)

 

興味がおありの方は是非一度ご覧ください。

(スポンサーリンク)