TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心におすすめDVDを紹介していきます。まだ見ぬ作品を見るきっかけになればうれしいです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

海外映画(バットマン・ビギンズ)作品情報/あらすじ/感想

(スポンサーリンク)

今回紹介するのは海外映画の『バットマン・ビギンズ』です。(3部作の1作品目)

  • 監督  クリストファー・ノーラン
  • 脚本  クリストファー・ノーラン
  • 出演者 クリスチャン・ベール
  • 公開日 2005年06月18日

(あらすじ)

ブルース・ウェイン(=クリスチャン・ベール)は子供の頃に両親とオペラに行った帰りに路上で強盗に両親を殺害される。それから14年の月日が経ち、大人になったブルースは汚職と腐敗の蔓延したこのゴッサム・シティでは正義や個人の力など何の意味も持たないことを痛感し超人的な力を追い求める。そしてブルースは、自身の恐怖の象徴たるコウモリの姿をしたバットマンとなり悪に立ち向かうのであった。

 

(感想)

最近話題の映画『ジョーカー』を見る前にと思いこの作品を始めて見ました。最初は「超人的な能力を持ったヒーローによる痛快なアクション映画・・」を想像してましたが、本作品は良い意味でその期待を見事に裏切ってくれました。まとめると、一人の青年がバットマンという虚像を作り上げることで恐怖/抑止力でもってゴッサム・シティを変えようとする叙事詩的な映画です。バットマン自身が超人的でないところもリアルでとても面白い内容でした。今現在、2作目(=ダークナイト)まで見終わりましたが、安易にアクション映画に分類してよいか迷うほど奥深い内容で善悪について考えさせられる良い作品です。

 

是非一度ご覧ください。

(ちなみに本作品で、よく知るバットマンの姿が登場するまでに1時間かかりました)

(スポンサーリンク)