TSUTAYAのおすすめ旧作DVDレンタル

旧作映画・ドラマを中心に有名/おすすめDVDを紹介していきます。コーヒー1杯のお値段でまだ見ぬお気に入り作品に出会うきっかけ作りができれば幸いです。

●今までに紹介した映画一覧はこちら
ランキングサイト応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本映画(LIAR GAME ザ・ファイナルステージ)作品情報/あらすじ/感想

今回紹介するのは日本映画の『LIAR GAME ザ・ファイナルステージ』です。

(作品情報)

  • 監督  松山博昭
  • 脚本  黒岩 勉、岡田道尚
  • 出演  松田翔太、戸田恵梨香
  • 公開日 2010年03月06日

 

(あらすじ)

プレイヤー同士のだまし合いによりマネーを奪い合うライアーゲームの決勝戦。決勝戦で争われるゲームは金、銀、赤のりんごを各プレイヤーが投票し多数決をとる「エデンの園ゲーム」。ゲームのテーマは「信じあう心」で全プレイヤーが互いを信じることができれば容易にしかも確実に大金が手に入るという。しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客「プレイヤーX」が姿を潜めていた。
 

 

(感想)

たぶん3回くらい見た作品です。先日「サンブンノイチ」(主演:藤原達也)という作品を見てて、ふとライアーゲームの騙し合いはもっとメリハリがあった気がする。自分は「サンブンノイチ」と「ライアーゲーム」のどちらが好きなんだろうと思い見返して見ました。本作品は人気ドラマの続編でキノコの人(=福永 ユウジ役の鈴木浩介)がいい味出してる作品です。

 

(参考:サンブンノイチ)

見所① テンションの上がり/下がりが異常なプレイヤーたち

大金がかかった極限状況下のためか、プレイヤーたちは騙しが成功/失敗したときのテンションの上がり、下がりが異常な作品でした。正直ルールやトリックは二の次で、各プレイヤーのドヤ顔、ポーズがこの作品の一番の見所です。中でもキノコの人は今回も飛びぬけてました。

見所② 意外とお茶目なプレイヤーX

ワンシーンですが、プレイヤーXの正体が判明したときのXの態度に注目です。「プレイヤーX」は秋山(=松田翔太)が付けた裏切り者の仮称ですが、その態度を見て「X自身はその呼ばれ方がだいぶ気に入ってるんだなぁ」と思わず笑ってしまいました。

見所③ 秋山のドヤ顔後の急な暴走

余裕があれば秋山の態度の変化を時系列で観察してみてください。ライアーゲームの世界で、ドヤ顔であれこれ解説した数分後に何の脈絡も無く暴走し始めます。さっきのドヤ顔はいったい何?と思わず噴出しそうになること間違いありません。

 

 

是非一度ご覧ください。